食欲不振を緩和

食欲不振食欲不振の原因ですが、夏バテや仕事の疲労などから来ている場合があります。食欲不振の原因がハッキリとわかっている場合については、心身を安静にしていれば回復することができるでしょう。食欲不振が長く続くときは、内臓が病気を患っている場合がありますから、 クリニックを受診する必要があるでしょう

クリニックで診てもらっても、食欲不振の原因がわからない場合があります。そんなときは、鍼灸を試してみると良いでしょう。ストレスが続いたり、精神的に追い詰められている場合などは、食欲不振となってしまう可能性が考えられます

東洋医学において食欲不振は、胃腸の機能が正常に保たれていない状態とされています。鍼灸治療を行うことで、胃腸の機能を正常に戻すことができます。西洋医学で整腸作用のある薬を飲むことで、食欲不振を一時的に治すことができます。しかし、薬による治療は症状を抑える対症療法なので、長い目でみると胃腸を丈夫にすることにはつながりません。鍼灸治療を行い、胃腸の機能を正常に戻すことで食欲不振が解決できるでしょう。クリニックでは、西洋医学と東洋医学の両方を組み合わせることで、食欲不振を解消する治療を行っています。