めまいを緩和

めまいは、耳の病気と関連性があると言われます。耳の中にある平衡器官に変化が起きたときにあらわれる症状です。平衡器官は、身体のバランスを保つ働きをしています。ここに異常が起きると、めまいが起こります。

めまい肩こりや首こりから、めまいが生じることもあります。肩こりや首こりは、一定の姿勢を長く続けたせいで血行が悪くなることで起こります。さらに、自律神経のバランスが悪くなることでも、めまいが起こります。自律神経というのは、内臓や血管などの機能を自動的に調節する神経系を指します。意志とは無関係に作用する神経なので、精神的なものとは関係がありません。めまいのやっかいなところは、原因がいろんなことから起きているという点です。原因不明のめまいでは、治療の施しようがない場合があります。

病気の原因をつきとめて、症状に合った薬を処方する西洋医学的な治療では、めまいが治らない場合があります。そんなときに、東洋医学である鍼灸が用いられます。クリニックには、西洋医学的な治療のほかに鍼灸などの東洋医学的な治療も取り入れているところが存在します。めまいが、血行の悪さや自律神経のアンバランスによって起こっている場合なども、鍼灸を施すことでめまいがおさまることが考えられます。続いては、食欲不振の緩和について説明します。