食欲不振を緩和

食欲不振食欲不振の原因ですが、夏バテや仕事の疲労などから来ている場合があります。食欲不振の原因がハッキリとわかっている場合については、心身を安静にしていれば回復することができるでしょう。食欲不振が長く続くときは、内臓が病気を患っている場合がありますから、 クリニックを受診する必要があるでしょう。

クリニックで診てもらっても、食欲不振の原因がわからない場合があります。そんなときは、鍼灸を試してみると良いでしょう。ストレスが続いたり、精神的に追い詰められている場合などは、食欲不振となってしまう可能性が考えられます。

東洋医学において食欲不振は、胃腸の機能が正常に保たれていない状態とされています。鍼灸治療を行うことで、胃腸の機能を正常に戻すことができます。西洋医学で整腸作用のある薬を飲むことで、食欲不振を一時的に治すことができます。しかし、薬による治療は症状を抑える対症療法なので、長い目でみると胃腸を丈夫にすることにはつながりません。鍼灸治療を行い、胃腸の機能を正常に戻すことで食欲不振が解決できるでしょう。クリニックでは、西洋医学と東洋医学の両方を組み合わせることで、食欲不振を解消する治療を行っています。


めまいを緩和

めまいは、耳の病気と関連性があると言われます。耳の中にある平衡器官に変化が起きたときにあらわれる症状です。平衡器官は、身体のバランスを保つ働きをしています。ここに異常が起きると、めまいが起こります。

めまい肩こりや首こりから、めまいが生じることもあります。肩こりや首こりは、一定の姿勢を長く続けたせいで血行が悪くなることで起こります。さらに、自律神経のバランスが悪くなることでも、めまいが起こります。自律神経というのは、内臓や血管などの機能を自動的に調節する神経系を指します。意志とは無関係に作用する神経なので、精神的なものとは関係がありません。めまいのやっかいなところは、原因がいろんなことから起きているという点です。原因不明のめまいでは、治療の施しようがない場合があります。

病気の原因をつきとめて、症状に合った薬を処方する西洋医学的な治療では、めまいが治らない場合があります。そんなときに、東洋医学である鍼灸が用いられます。クリニックには、西洋医学的な治療のほかに鍼灸などの東洋医学的な治療も取り入れているところが存在します。めまいが、血行の悪さや自律神経のアンバランスによって起こっている場合なども、鍼灸を施すことでめまいがおさまることが考えられます。


クリニックの鍼灸治療

一般的にクリニックは、薬を処方する西洋医学的な治療を行っていますが、東洋医学を取り入れるクリニックも増えてきています。薬を服用するだけでは、病気を治すことが難しいこともありますが、そんなときは、鍼灸治療や漢方薬などを使った東洋医学が効果を発揮する可能性があります。

鍼灸治療鍼灸治療は、病気の患部に鍼やお灸をすえることで身体のバランスを整え、機能の回復に役立てる治療法です。0.1ミリ程度の細い針を、肌に直接刺します。どれくらいの太さの針を使うかは、そのときの症状や鍼灸師の判断によります。お灸の方はもぐさを使用し、熱による刺激を患部に与える治療法です。もぐさの大きさもまた、症状により鍼灸師が判断します。鍼灸で刺激を与え、免疫系や自律神経系に作用させることで、痛みを抑えることができます。鍼灸治療には、身体の免疫力を高める効果なども期待できます。

鍼灸治療は、めまいや食欲不振を緩和させるのに効果があると言われています。めまいや食欲不振は原因の特定が難しく、クリニックを受診しても原因が解明されないこともしばしばです。そのような場合に、鍼灸などの東洋医学を用いることで症状が改善される場合があります。鍼灸は、薬のように毎日服用する手間がありません。めまいがひどいときなどに、クリニックを訪れるようにすると良いでしょう。施術を行うとすぐに効果を感じられますが、日をあけると効果が得られにくくなるため、定期的に治療に通う必要があります。